自然栽培のこと

自然栽培とは with the natural cultivation

無肥料、無農薬で色々な生き物や微生物、自然の力を借りて作物を育てる方法です。


■雑誌 自然栽培より■

誤解されることもあるのですが、「自然栽培」は決して特殊な栽培ではありません。
... 何も入れずにタネを播くと、その土の状態がわかります。
もし作物があまりよく育たないときは、普通は肥料を入れたくなりますが、入れないで、土そのものを元気にすることを考える。それが自然栽培です。 草の生えるところだったら、農作物もできます。 タネを播いて、あまりよく育たなくても、その中からできるだけいい育ちのものを選んでタネを採り、また翌年に播くと、去年もよりもよく育つことに気がつきます。
肥料を与えずに土ができてくれば、虫も病気もほとんど発生しません。だから農薬をまく必要がありません。
栄養過多になるから病気や虫が発生します。これって、人の体と同じです。
肥料を与えないので、栽培をシンプルに考えることができます。 人為的に何も入れない土の状態、作物の本来の生理や生態を知ることは、慣行栽培や有機栽培をする人にとっても「最低限に必要なものを効率よく与える」ヒントになります。肥料や農薬のコスト削減にもつながります。
だから、自然栽培は特殊な栽培ではなく、すべての栽培の基本でもあるのです。
本来の土は、ただの粒々ではなくて、“命のかたまり”です。 豊かな土1グラムの中には、1兆にも及ぶ微生物がいると言われています。土の中にいるあらゆる微生物が元気で活躍してくれるためにはどうするのかを考えて、その手助けをするのが自然栽培なのです。

わが家の自然栽培 田んぼの巻 winding of the rice field

わが家では2012年からコシヒカリの自然栽培に挑戦しています。
毎年新たな発見に心おどらせながら、稲作に取り組んでいます。


■無肥料、無農薬
自然栽培の無肥料、無農薬。無農薬ならわかると思いますが、なんで無肥料?と思いませんか?? 無肥料にする事によって、自然にいる生き物達の本来の力が生きるのです。山の木々が何もしなくても毎年紅葉し、木の実をつけるように、持続可能な循環が生まれます。これからどんな環境になっても子孫たちも作物を育ててほしい!! そんな大きな夢への小さな第一歩です。


■生き物の力を借りる
晴れた日の田んぼの水の中を覗くと、小さな生き物が驚くほどたくさんうようよ動いているのがみえます。土の状態を良くしてくれているプランクトンです。 それを餌にする、ゲンゴロウやガムシといった水生昆虫。またそれを餌にするトノサマガエル等、たくさんの生き物がいます。 そして、ドジョウ。自然栽培をはじめるとき、ドジョウが当たり前にいる田んぼがいいよね。と話していたドジョウもいつの間にかいっぱいいるようになりました。そんなこんなで、あのネーミングになりました。 我が家で自然栽培で育てたお米、どうじょ(どうぞ)食べてみてください。

■田んぼなのに・・・水草調査しています。



上の写真。まさかの田んぼです。

わが家のななせ田んぼで自然栽培をはじめてすぐに、「田んぼの水草がすごくきれいなんだよね~。」と夫のハルヒコ。
もともと、中学時代に熱帯魚と水草水槽にゾッコンにはまっていた夫は、田んぼ眺めているうちに、アクアリウムを眺めている感覚になり感動。

縁あって、ちょうど水草博士になっていた、同級生のイシダ君に話をしたら、興味深々。
二人で、田んぼの水草調査をはじめました。
今では、イシダ君の友達の水草好き仲間と共に、本格的にメモを取り調査しています。
もう水草素人の私には、はたから見ることしかできませんが、田んぼを見て興奮している水草オタクさんたちを見て、とても嬉しくなりました。

そんなこんなで、わが家の自然栽培の田んぼは水草かわいさのあまり、除草作業をほぼしていません。
そんな稲の育て方をこの先ずっと続けていくことができるのか・・・

ただ、今言えるのは「このおこめどうじょ」には私たちの夢がつまりにつまってます。


 

 

ページトップへ▲

おこめをもっと詳しく▶

わが家の自然栽培 畑の巻 winding of vegetables

わが家では2013年から自然栽培でお野菜を育てています。
ビニールハウスでの自然栽培にも挑戦しています。


■無肥料、無農薬
わが家の畑は草が生えまくっています。
無肥料、無農薬で育てていく上で、土の中の微生物多様性、保湿、空気の循環など策があってのこと。
単に見ていて気持ちいいってのもあります。
しかし、わが家は作物が草に負けがち。
ちょうどいい加減で作物を助けてあげられるようになりたいです。

草が作物の邪魔をしていたら、刈って、その場に置きます。
またその草が土になり、作物を元気にしてくれます。


■生き物の力を借りる
右の写真はハウス内です。

立てたばかりの畝の側面には何やら、うごめくものが・・・。
ダンゴムシたちです。
乾いた土の坂を頑張って登っては転げ落ち、登っては転げ落ちて遊んでいるかわいい奴らです。

ハウス内にはお野菜には嬉しくない、バッタやアブラムシ、ナメクジがいます。その子たちを食べてくれるカナヘビ君がいます。カマキリさんがいます。日本トカゲ君もいます。土を良くしてくれる、オケラさん、ミミズさん、ダンゴムシさん、微生物さん、菌さんがいます。置きっぱなしの鉢の裏にはコウガイビルさんも。

カナヘビ君なんか、結婚しちゃって、卵産まれて、春になるとかわいい赤ちゃんがチョコマカします。

ホントにこの畑の土は変わりました。
以前は粘土で、硬くて、ゴロゴロで畝たても一苦労でした。
今は、サクッとシャベルが入り、土の塊なんかは手で握るとホロホロっと砕けます。

畑をじっと見ていると、虫が顔を出したり、かわいい草花がふぁーっとなってたり、気持ちが良くてたまりません。
その中で蒔いた種が芽を出して、大きくなって、実を付けて、種になる姿を見るのは本当におもしろい!!

畑はまだ失敗ばかりだけど、良く出来たものを少しづつ、お客様に食べて頂けたらな・・・と思っています。

ページトップへ▲

おやさいをもっと詳しく▶

おひさま日曜市 sunday organic market

新潟市は白山神社近くにある、本格的なマクロビオティック料理が食べれる
カフェ、マリールウ。
そのマリールウさんが、主催となってやっている、オーガニックマーケットです。
「おひさま日曜市」略して「おひにち」。
ふなくぼ農園も出店しています。
出店日はface bookなどで、お知らせして参ります。
お近くのお客様はぜひ。


■おひさま日曜市
「美味しく」「楽しく」消費のあり方を変える第一歩はここから。
「おひさま日曜市」は新潟市で開催されている唯一のオーガニックマーケットです。新潟という土地に根ざしたオーガニックの野菜とそれらを使ったごはんや無添加の加工品がならびます。野菜を買って、食べて、学べるマーケットです。
「自然栽培」、「古来首(種どりできる在来種、固定種)」、そして「森の再生」というキーワードを軸に、ありがとうで繋がる持続可能なコミュニティーづくりを目指しています。
開催日などのマーケットの詳細はホームページをご覧ください。

おひさま日曜市ブログhttp://ohinichi.com

ページトップへ▲

自然栽培との出会い・・・ encounter

子供のころから手伝っていた田んぼ。わたしが小さい子供の頃は、田んぼに網を持って遊びに行って、魚を取ったり、ウシガエルを獲ったりして遊んでいました。
20年くらい前、田上町は区画整理の為、護岸整備され、便利になった反面、その頃から、生き物がほとんどいない田んぼになってしまいました。
わたしも大人になり、田んぼも男手として、一人前に手伝うようになりました。子供も生まれて、あの頃のような田んぼで子供たちと遊びたいなぁと思うようになり・・・。
そんな頃、旧豊栄市で循環型農業に取り組んでいる、宮尾農園の宮尾さんと出会いました。そして、木村秋則さんの自然栽培法を知り、「これだ!!」と思いました。
祖父に頼みに頼み込んで、ようやく七畝の一番小さな田んぼをわたしの好きなように栽培させてもらうお許しをもらいました。
今年で5年目となりました。まだまだ匠には程遠い経験値ですが、気になる方に食べて頂きたい。わたしのこだわりが詰まった田んぼのお米です。

栽培技術、植物のこと、生物のこと、たくさん勉強して、おいしいお米や野菜をたくさん収穫できるようになる。
わたしの今の目標です。
     

2016年 栄彦

ページトップへ▲